Menu

Training Program
研修制度

OJTと自己啓発が教育の基本。
そして人というリソースの有効活用と
社員個々の適性の高い分野を
早期に見出す「CDS」(自己申告制度)。

住友グループの伝統精神である「事業は人なり」という理念は、住友化学において、さまざまな人事制度に生かされています。住友化学では、人材育成の考え方を社員の自主自立をベースとしつつも、人というリソースの有効活用と社員個々のやりがい、働きがいの観点から、適性の高い分野を早期に見出し、本人に明確なキャリアアップのイメージをもってもらうために、「CDS(Career Development Systemという自己申告制度)」と「育成ローテーション」を実施しています。そして、社員教育の基本を日々の業務における「OJT(On the Job Training)」と「自己啓発の促進」におき、社員は実際の業務を遂行しながら、そのなかで自分なりの課題を見つけ、自己を研鑽する努力が求められています。それらを側面からバックアップするために各種教育プログラムを設け、きめ細かい能力開発体系を整備しています。

人材育成/研修体系(主な研修を抜粋)

上にある研修は一例ですが、社員の育成ステージに合わせて最適なプログラムを受講できるように設計しています。
たとえば、グローバル化に資する研修として、若手社員に対して、英語でのビジネス・コミュニケーションにフォーカスした、ネイティブ講師による社内英会話グループレッスンを実施しています。単なる英語力の向上のみならず、e-mail、ミーティング、電話対応、交渉など実際のビジネスの場面で応用できるスキルを身に付けられるようなカリキュラムを用意しています。


be WORLD CORE その志が、世界の芯になる

Career

Contents Index